「会員数100名達成で奉仕の輪を広げよう」

       高松東ライオンズクラブ 第54代会長 細井 香

 今期伝統ある高松東ライオンズクラブの第54代会長を拝命いたしました。「会長スローガン」は献眼と献腎と難聴児・貧困家庭の支援を推進します。

 我がクラブも献眼・献腎運動は40年前より取り組んでおりますが、残念な事に今だに提供者が無く成果は出ていません。

 今期は実りのある運動にする為に、日本一の献眼者数(毎年50名、延べ1500名)を達成した静岡県小山ライオンズクラブに例会訪問させて頂きました。運動の進め方等のご指導を頂きましたので献眼運動を力強く推進致します。

 「会長方針」は会員数100名達成で奉仕の輪を広げるとしました。会員の数を増やし奉仕の輪を広げなければ会長スローガンが達成出来ません。どうぞ会員の皆様の御支援を頂き、クラブあげての奉仕の輪を広げましょう。

 人の喜びは我が喜びであり、奉仕活動はライオンズの誇りであります。実りのある成果ができますように祈りご挨拶と致します。